島犬日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼に伝えたい…
とりあえず、2004/5/11の日記を読んでください。

現在、ここ淡路市は市議選真っ只中だ。
連日、選挙カーが大音量で行き交い、どの候補者も名前を連呼し続けている。

「清き一票を!」などと言われても、その候補者のマニフェストすら知らないし
伝えようともしていない。
ただただ、「○○に清き一票を!」をと町中を走り回るばかり…。

あれは名前を連呼し、僕達にすり込み、洗脳しようとしているのだろう。

空手バカ・屋比久候補の話に戻る。
残念ながら最下位で落選してしまった空手バカ。
彼の敗因は「空手バカ」と公言してしまったからではない。
「空手バカ」と連呼し過ぎてしまったからなのだ!

投票に訪れた市民はこう思う。

「誰に投票しようか?」

「そうだ、彼にしよう!」

「え~っと、名前なんだっけか?」

「ん~、確か…空手バカとか言ってたな。」

「 カ・ラ・テ・バ・カ 」

     ・
     ・

  「 投票 」

こうして、大量の無効票が投じられたのだ。


彼は自分のミスに気づいているのだろうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。