島犬日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸助、退院
術後3日ですが、幸助の精神状態があまりにも落ちている為、
家族と一緒の方が良いでしょうと、退院許可が出た。
幸助が勝ち取った退院と言えるかもしれない。

帰宅後は水をガブガブ飲み、肉を食べた。
傷口から漿液(しょうえき)が出てくるので部屋中にシーツやタオルケットを敷く。

しばらく大人しくしていたが、急にワンワンと鳴き始めた。
痛い訳でも寂しい訳でもなく…、失った脚を惜しむように聞こえて辛かった。
今現在は断脚して良かったなんて思えないのが正直な気持ちです…。



あまりにも鳴き続けるので、病院へ電話。

「安定剤のような薬はありませんか?」

あるにはあるが、あまり飲ませたくはないとの事。
ただ、夜中に鳴くと近所迷惑になる旨を伝え、一応処方して頂く。
23時くらいまで鳴くなら飲んでもらおう。

しかし、20時くらいになってスイッチを切ったように鳴くのを止めてくれた。

23時、寝る前のオシッコに行く。
いつも歩き始めて10秒くらいで止まって僕の顔を見る。

「歩きにくいよ。」

「一緒に乗り越えような…。」

いつものやり取り。


23:30 就寝 

大好きだよ。
ぐっすりおやすみ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。