島犬日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
諸行無常
何年ぶりの更新でしょうか?
ご無沙汰しております。

えっ?お正月に更新してますよって?
あれは、去年のです。フフフッ。

ではでは早速、シニア層に突入した島犬くん達の近況報告です。

陽介くん。
白髪が増えておりますが、相変わらず天真爛漫で運動と食べるのが大好きです。
最近はちょっとお漏らし(少しずつ出ちゃってる感じ)しちゃいます。
ND7_6338.jpg

幸助くん。
彼も特に変わりなく元気だと思っていたのですが、
ND7_6341.jpg

去年の秋、右前肢に腫瘍が出現しました。
ND7_6346.jpg

定期的に針吸引による細胞診を受けており
「悪性ではない」と診断され続けていたのですが、
先日、「非上皮性悪性腫瘍」と診断されてしまいました。

部分切除では皮膚が足りなくなるので完全切除は出来ないそうです。
完全に切除できないって事は転移のリスクを残した手術って事です。
癌の種類的には転移しにくいらしいのですが、部分切除しても
早い場合は数日で元の大きさに戻る事もあるそうです。
で、根治させるにはどうするかというと…。


断脚。


右前肢を肩甲骨から切断するしかないと…。



陽介ほど走り回ったりしない幸助ですが、
彼なりに身体能力を楽しむように走り回ったりもするんですよ。
嬉しそうに、ちょっと自慢気にです。


断脚しても、歩くことは出来ます。
ぴょんぴょんと散歩は出来ますし、日常で困るのは自宅の階段ぐらいでしょう。
でも、出来なくなる事もありますよね。
走り回ったり、ボールキャッチしたり、穴掘りしたり。
命の重さに比べたら小さな事なのでしょうが、親心としては胸を締め付けられるのです。


動画サイトで断脚したワンコを見てみたりすると、
犬たちはさほど気にしていないように見えますし、獣医さんもそうおっしゃいます。


ほんとに苦渋の選択なのですが、おそらく断脚を選ぶと思います。
肺に転移なんかして苦しませる訳にはいきません。
3本脚でも楽しい生活させてやるし。

DSC_3015.jpg


でも幸助よ。
4本脚でやれる事やっておこうぜ。

という事で、
先日、アニマルコミュニケーションを依頼しました。
セッション結果は来週に届く予定です。

依頼内容は

・右前肢を切断しなきゃならない事。
・切っても歩けるけど、速くは走れなくなる事。
・その前にしたい事、行きたい所はないか?

彼には酷な宣告なのかもしれませんが、
僕なら教えておいて欲しいと思います。



さあ、息子よ。
何して遊ぶ?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。