島犬日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
被災
東北地方太平洋沖地震におきまして、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、お悔やみを申し上げるとともに、被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

ここ淡路で報道を見ていると、何も出来ない事を歯痒く思います。
とはいえ、被災現場の映像を見ていると素人には何も出来ないなと…。
半壊レベルだと家の片づけや町の掃除も出来るでしょうが、今回の被災現場は重機を使用しないとどうにもならないでしょう。

僕達は2004年に台風23号による水害に被災しました。
床上70㎝まで泥水に浸かり、新車1台と1階の家財を失ったのです。
犬達も人間も怪我は無かったです。失ったのはモノだけ。
それでも僕達は大きな喪失感と絶望感に襲われたのです…。

当時のここ淡路市の対応は決して迅速ではなく、サポートもほとんどありませんでした。
水害そのものよりも、その事が一番辛かったのを鮮明に憶えています。
TV報道も淡路島ではなく、内地の三木市の映像(バスの屋根に避難している映像)
ばかりが報道され、自分達の事は誰も見ていない、誰も知らない事も辛かった。
そして、水害から数日後に新潟県中越地震が起きました。
三木市も含め、水害の事など忘れ去られました…。

今回の大震災は酷すぎます。
みんなが行動を起こしたいと思うのも当然です。
僕達も日本赤十字とARKに1万円ずつ寄付しました。
決して多くはないですが、被災者の皆さんに届く事を願います。
最終的な助けになるのは間違いなく現金なのです。

そして、忘れないで欲しい人々がいます。

新燃岳噴火とNZ地震の被災者と遺族の方々です。
14日には不明だった日本人の死亡確認もされています。
今回の地震と同じ扱いなのか不明ですが、長野県北部でも地震が起きています。

被害額も被災者の数も東北の数とは比べものにならないですが、
被災者の心中に大きな変わりはありません。

新燃岳噴火・NZ地震・長野県北部の被災者の皆さん。

僕は忘れてません。

頑張ってください!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。