島犬日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラストチャンス!
皆さん、スイマセン。
昨日、またまたアニマルコミュニケーションを受けました。
2ヶ月連続で予約がとれてしまったのです。

でも、今回はラストチャンスだったのです。
それはアニマルコミュニケーションの相手が島犬達ではないから…。

今回は2004年8月に他界した、
大助の魂とセッションして頂きました。
「亡くなってるのに!?」と疑問に思う方も多いと思いますが、
死後2年以内なら魂とのコミュニケーションが可能なのだそうです。
で、没後1年8ヶ月の今がラストチャンスという訳…。

でも何故、前回は大助ではなく島犬達に受けたのか?
それは、大助の気持ちを聞くのが恐かったからです。

大助と暮らし始めたのは僕が13歳の冬でした。
犬と暮らすのは初めてで、躾の仕方・犬の習性なども
理解していませんでした。
そして、僕自身が人としてあまりに未熟だった…。

「僕達が無知だったゆえに彼には苦労を掛けた。」
「晩年は傍に居てやれなかった。」
「死に目に会えなかった。」

僕にはそういう負い目があったのです。

でも、セッションを受けて良かったと思います。

大助のセッション内容については後日、
ゆっくり噛みしめながら更新したいと思います。
島犬達とは違った雰囲気になると思いますが、
楽しみにして頂ければ幸いです。

では、また後日…。

20060422011059.jpg
              大助

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。