島犬日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンプレックス
僕の子供の頃のコンプレックスは”立ち耳”でした。
”立ち耳”?
代表的なのは江川卓氏や江口洋介氏のような耳です。

僕の耳はあそこまで大きくありませんが
子供が悩むには充分すぎる身体的特徴である事に変わりありません。
散髪(スポーツ刈り)にした夜などは目立つ耳に真剣に悩み
何とか寝ないものかと耳を30分ほど後ろに押さえたりした事もありました。。。

見た目だけではなく”立ち耳”には不利な要素がいっぱいある。
向かい風の時、風切り音がうるさい。
それが北風だと耳がちぎれそう。
後ろから話しかけられても聞こえにくい。
イヤーホンがしっくりこない。
などなど

前方からの集音能力以外は良いことは一切ありません。
でも、人それぞれコンプレックスってあるんだろうと思う。
そして、皆それを克服したり諦めたりしてるのだろう。
だからそれほど暑くもないのに肩毛をなびかせたり出来るのだ。

一見、消極的な”諦め”だが
実のところ、強い力を生み出す動力源なのかもしれない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。