島犬日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニマルコミュニケーション・大助魂編
前回書いた通り、今回は大助の魂とのアニマルコミュニケーション。

大助は僕が13歳の時から飼い始めた柴犬で、一昨年の8月に
17歳8ヶ月で天寿を全うしました。
晩年は僕が実家から出ていたのであまり一緒に居れませんでしたし、死に目にも会えませんでした。
そんな彼とのセッションを紹介しようと思います。

まず、亡くなっている子の場合は魂の居場所を
突き止める作業から行われるそうです。
大助の場合は無事成仏しており、天界に居るとのことでした。

質問1:ダイちゃんの前世は?

黒い犬だった。(耳は立っている)
・犬歴は長い。(何代も犬として転生している)
・長生きしたのは初めて。
・長生きするのが使命だった。老いを経験するのは初めて。

(老いに対する不安感は無く、あ~、歩けなくなるんだぁという感じ)
・長生きの秘訣は沢山陽を浴びることだ。身体を伸ばして日向ぼっこするのが気持ち良かった。ごはんもしっかり食べるように心がけていた。

意外や意外!
大助よくしゃべる!
長生きの秘訣まで教えてくれるとは・・・。

質問2:死に目に会えなかった事をひどく後悔しているし、すまないと思っている。(質問というより、謝罪して欲しい)

・後悔するような事では無い。
・お兄ちゃんは来なくて良かったよ。泣いちゃうから。


ああ、泣いたろうよ…。

これは、ずっと気にかかっていた事なのでホッとしました。
僕達は、“死に目”というものを重要視しがちですが、
魂の価値観の中では、さほど重要ではないのかもしれません。

質問3:ダイちゃんの人生は幸せだった?
  今、ダイちゃんの為に出来ることはあるかな?

  (お墓参りのお供えなど希望があるのか)

・肩を揉んでもらうのが好きだった。
・背中・ふしぶしが痛かった。(晩年は寝たきりだったので)
・お母さんに撫でて貰うと楽になった。(よく撫でてあげたそうです)
・今、して貰いたい事は無い。


そうか、気持ちよかったのか。
よく散歩の途中で並んで腰掛け、彼の肩を揉んであげていたのです。
彼はあまり触られるのが好きではない子だったので、
気持ちよいと思っていたことが嬉しかったです。
お供えやお墓参りなども魂にとっては重要ではないのでしょう。
むしろ、僕達残された側の自己満足なのかも…。

質問4:お母さんに伝えて欲しい事はある?

・お母さんには感謝の気持ちでいっぱい。
・自分の事よりも、周りを気遣い気配り出来る人で尊敬している。
・お母さんへの不満は一切無い。
・亡くなって間も無くは、お母さんの枕元に居た。(少し心細かった)
・気丈な母を見て、自分も頑張ろうと天界へ進んだ。
・お母さんをいたわってあげて。


ベタ褒めやな。

客観的にみても、母の大助に対する介護姿勢は素晴らしかったです。
それに、母の人間性まで見抜いているなんて凄い。
確かに母はそういう人なんですよ。たまにお節介ですけどね…。

質問5:何故、あの日に逝ったの?(兄一家が帰省していた)

・亡くなる日は自分で決めた訳ではない。
・天界から引っ張られた。


犬達の魂にも各々守護霊などが居るらしく、
彼らに連れて行かれたようです。

質問6:またどこかで会えるかな?

・また会えると思うよ。(犬としての転生を希望している)
・お母さんとも会える。(今世で会うとは限らない。来世かも。)

彼は犬としての人生を気に入っているようで、
これからも犬として転生していくつもりだそうです。
再会の時期なども聞いたのですが、答えてしまうと(意識してしまう)運命が変わることもあるらしく答えてくれませんでした。

最後に:また会える日を楽しみにしているよ。

・出会った事、今回話す機会を作ってくれた事を感謝している。

なんだか律儀な奴だなぁ。
って言うか、ちょっと上からもの言ってないか?
「僕も楽しみにしてるよ!」とか言うかと思ったのに…。
それと、母の事ばっかりね。
僕の事なんて↓の「バイク危ない」くらいだもん。
それも母の受け売りだし。。。

今回のセッションでも森永さんに伝えたのは写真2枚と名前、
亡くなった日と年齢だけでした。
バイクの事、母の人柄などは伝えていません。
日向ぼっこについても、意図的に母がさせていたんです。
陽に当たると身体に良いからって、日向に寝かせてた。
「長生きの秘訣」ってのも母の受け売りじゃないのか?

あと、彼はこんな事も言っていました。

セッション開始早々、森永さんにこう質問されました。

「ご家族でバイクか自転車に乗られる方は居ますか?」

「はい、僕がバイクに乗ります」

「大助くんは、バイクの事を心配していたそうです。
大助くん自身の意思というより、お母さんの「危ないから気をつけや」という言葉を聞いて「どうして危ないモノに乗るのだろう?」と疑問に思っていたみたいです。」


大助よ…、バイクは確かに危険だ。
だが、男のロマンなのだよ。
犬も楽しかろうが、一度人間に生まれバイクに乗るのだ!
20060424201547.jpg
             犬がいいよ、犬が…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。